ボルド

ボルド

内モンゴルの有名バンド HANGGAI  がシンキローにてコンサートを開催します。

HANGGAI は内モンゴル自治区のモンゴル族によって結成され、現在では世界各国で国際的な音楽活動をしています。

今回は5度目の来日で、本店シンキローでモンゴルのゲルの中で、彼らの音楽を披露してくれます。

是非この機会に、モンゴルのゲルの中でHANGGAIの多彩なる音楽をご堪能しにいらっしゃいくださいませ。

日時: 5月19日(月曜)   18:30 会場

                  19:00 開始

チケット: 5000 円 ( 8品料理+レギュラードリンク飲み放題 付き)

 

オフィシャルファンページ

https://www.facebook.com/hanggai

4月1日から開始される消費税8%増税に伴い、誠に勝手ながら当店は各メニュー料金を値上げすることをお知らせします。

改定料金は4月1日から適応します。

コース料金についてはすべて100円値上げします。

-------------------------

食べ放題3時間

2800円  ⇒  2900円

食べ飲み放題3時間

レギュラー 3800円  ⇒  3900円

プレミアム 4300円  ⇒  4400円

オススメ料理8品

2300円  ⇒  2400円

オススメ料理8品+飲み放題

レギュラー  3300円  ⇒  3400円

プレミアム  3800円  ⇒  3900円

毎年恒例の「遊牧の民の調べコンサート」、もちろん、今年もやります!

来店するのは、去年と同じ3人。馬頭琴弾きドルジパラム氏、ドンブラ弾き語りクグルシン氏、司会解説西村幹也氏のお三方です。

コンサートについてのうんちくは、こちらをご覧ください。←クリック

----------

コンサート開催要項

日時:2014年2月11日(火) 12:00開場  12:30開演
(途中 1時間ほどお食事タイムを挟んで、15:30頃まで。)

チケット:2500円当日券のみ:(お食事代込み。お飲み物は別)

アットホームに間近に楽しめるコンサートです。お誘い合わせの上、是非、ご来場ください。

コンサートに関するお問い合せは、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。まで、お願いします。

日, 10 11月 2013 18:19

忘年会のお知らせ

シンキローの経営者ボルドです。当店は今年でお陰様で7年目の忘年会を向かえます。毎年の締め括りを楽しく過ごしていただくため多くのお客様にご利用いただいているシンキローでの忘年会の本格的な予約がはじまりますが、今年も皆さんのご期待に添えるような特別な楽しい場とサービスを提供できるように従業員一同頑張りたい所存でございます。大人数の団体様から小人数のお客様まで対応できるように100人部屋、70人部屋、30人部屋、15人部屋を用意しており、いろんな予算のニーズに合わせ3300円から4300円プランを用意しております。是非年に一度の特別な忘年会を特別にするため特別なシンキローで楽しく過ごしませんか?予約お待ちしております。

  北海道を中心に音楽活動を行っていらっしゃる馬頭琴、ホーミ奏者嵯峨治彦さんのライブが9月14日(土曜日)シンキロで行われます。

   時間:  11:30開場   12:00食事(モンゴル料理6品)ドリンク別  13:00から開演

   料金:2500円

 

  嵯峨治彦プロフェル

     北海道大学大学院で宇宙工学を専攻。そのかたわら、独学でホーミと馬頭琴を習得。のどうたの会を結成。

     関西を中心に活躍するホーミ奏者等等力正彦氏とタラバガンと言うユニットを組み、活動。トウバ共和国で開催されたホーミ国際大会外国人の部

で優勝の経験を持つ。またユーミンのCD製作にも参加し、愛知万博ではユーミンのコンサートメンバーとしてステージに立つ。

      現在もタリバガンの他、多くのアーティストとユニットを組み活躍中。
      また奥さんである田中孝子さんと野花南というユニットを組み馬頭琴とホーミ、朗読という構成のライブも行っている。
      在野の馬頭琴奏者として名高いネルグィ氏の第一の弟子でもある。

 

 

 

 

 

火, 06 8月 2013 02:26

夏休みのお知らせ

当店は八月12日(月曜日)から八月(木曜日)まで休ませていただきます。誠に勝手ですが、ご了承下さいませ。16日( 金曜日から平常営業致します。よろしくお願いします。

   岡林立哉さんの馬頭琴、ホーミーの生音演奏とモンゴル料理と楽しむライブが6月2日(日)12;30からシンキローで開催されます。

   チャージ;予約2800、当日;3000円(料理6品、ドリンク別)

   スーホの白い馬でお馴染みの馬頭琴、幻の歌声ーホーミーメロディーと岡林さんの旅話と共にモンゴルゲルの中で一度楽しんでいただくのまた格別な味わいがあるのは間違いありません。

   店の都合でお知らせが遅くなりましてお詫びいたします。

馬頭琴演奏家李波先生の馬頭琴コンサートが2013年4月21日シンキローで開催されます。 出演: 馬頭琴 李波 ホーミ ダルハンチン 曲目: 荒城の月に寄せて、 万馬のとどろき 他 時間: 2013年4月21日(日) 開場 12:00 開演 12:30 料金: 3800円(料理8品、ドリンク別) 李波先生の馬頭琴演奏とホーミのコラボレーションをシンキローでモンゴル料理とともに是非一度ご堪能ください。

   毎年恒例のNPO法人北方アジア文化交流センターしゃが主催の馬頭琴とドンブラのコンサート2013年2月17日シンキローで開催。

      時間;11;00開場  開演11;30から14;30(途中食事休憩1時間あり)

      チケット;2000円(食事代込み)

    演奏者プロフィール

    馬頭琴奏者、歌手ドルジパルム、ドンブラドルジパラム 1954年生まれ、ドンドゴビ県デレン郡出身。現在同県ウルジート郡在住。「馬頭琴と歌の故郷」と呼ばれ、20世紀最高のオルティンドー (モンゴル民謡)歌手とたたえられるノロブバンザド女史の故郷デレン郡にて、子供の頃より、周囲にいたたくさんの馬頭琴演奏者の得意とする様々な楽曲を見よう見まねで覚え、現在に至る。社会主義時代に収めた専門職業は医師。医師免許を取って後、しばらく医大にて教鞭をとったが、治療行為を行うと、不思議と体をこわすなどの理由で、医学関係を去り、放浪する日々を送る。特に舞台演奏活動をしてきたわけではないが、全国芸術コンクール馬頭琴部門で金メダル 6回、銀メダル 、1回、銅メダル 、1回、オルティンドー部門で銅メダル 1回獲得した経歴を持つ。ゴビの天才馬頭琴弾きと称されるネルグイ氏 (2003~ 2010年の間、同事業にて招聘)と常に金メダルを
競い合い、2003年には CD「モンゴル国精選馬頭琴演奏者曲集 (非売品 ;ユネスコによる制作)」に、
馬頭琴曲ジョノンハルが収録されるに至る。2006年にドンドゴビ県により最高馬頭琴奏者と認定
を受け、さらに
2007年には文科省により文化功労者勲章を授与された。舞台芸術化が進み、馬頭
琴演奏者と歌手というように役割分担されていく中、馬頭琴による弾き語りが出来る演奏者は減っ
ていったが、氏は民謡、賛歌、物語を弾き語りできる希有な演奏者として有名である。
現在は郡の幼稚園に勤務。子供たちに音楽を教えている。
 ドンブラ奏者、リヤス.クグルシン  1958年生まれ
バヤンウルギー県アルタイ郡出身。現在同県ウルギー市在住。
カザフ民族楽器ドンブラを弾き、歌を歌う父親の横で、たくさんのカザフ民族の歌、曲、そして
物語を聞きながら育ち、9歳の頃に初めて学生コンクールに出場。しかし、非常に恥ずかしがり
屋だったため、審査員には不評だった。学業の成績がとても良かったため、医学の道に進んだが、
20歳頃から舞台や宴会で歌を歌う機会が増え始めたという。次第にドンブラ歌手として人の中に
知られるようになる。医師になってからは、地方勤務が長かったが、その間に、地方に伝わる様々
な楽曲、物語を年長者から学んだという。
たまたまの機会を得て、首都ウランバートルで開催された音楽祭に出場。そのときに、氏の歌声
が多くの人々を魅了し、即、文化功労者勲章を受勲することになった。専門医が、異分野でこの
ような勲章を受けることは非常にまれなことであったが、その後、ウルギー市では歌手としても
有名となった。カザフスタンの政府高官の訪モンゴルの際などに演奏を委託されることも多い。
現在はウルギー市中央総合病院人事部長を務めながら、呼ばれてはあちこちへと出向いて、演奏
活動を行っている。氏の長女、長男ともに、氏の演奏を傍らで聴く内にドンブラを覚え、時々、3
人で出向いてコンサートを行うなど、非常に有名な演奏家ファミリーとなっている。
 

  モンゴルの奥の奥からお越しいただいたお二人の素朴音楽と西村さんの毎年の生々しい新しいお話をシンキロー本場のモンゴル料理と共に観賞していただければきっとモンゴルについて新しい発見が出来ると思います。


草原の音色「馬頭琴」宇宙の響き「ホーミ」コンサートが2012年11月3日土曜日シンキローで開催されます。

  時間:11:30開場   13:00開演

  チャージ:  モンゴルコース料理つき大人3000円      小学生2000円

      新しいサイトの使い方になれなく知らせるのが遅くなりました、申しわけありませんでした。